爪水虫が臭い?原因と対処法

爪水虫の症状になりますと、足が臭くなることがあります。

 

この爪水虫の臭い原因は、爪水虫そのものにあるのではなく、雑菌などが繁殖したことが原因となっている場合が多いです。

 

そのほかにも、爪水虫の症状が出ている部分が蒸れてしまっているなどの理由で臭いということがあります。

 

どちらが原因の場合でも臭いことに変わりありませんから、臭い原因を突き止めたうえで対策をとる必要があります。

 

 

爪水虫で足が臭くなったときの対処法

臭い時の対処法は、まずは爪水虫の症状が現れている部分を清潔にするということです。

 

できればこまめに足を洗うことが良いですが、手と違って足は洗いにくいのが現実ですから、臭い時の対処法としては爪水虫の部分を蒸れないようにすることが大切になってきます。

 

例えば、通気性の良い柔らかい布などを用意して患部に巻くというのもひとつの方法です。しかし、そのままにしていればまた臭い原因になりますので、こまめに布を取り替える必要があります。

 

臭い原因は蒸れたままになっている状態を放置しておくことにありますから、定期的に患部を清潔にしておくということが大切になるわけです。

 

もし爪水虫をそのまま放置しておきますと、雑菌が繁殖して余計に臭い原因になってしまいますので、注意しなければなりません。

 

このように、臭い時の対処法は患部を常に清潔にしておくということと、蒸れないように事前に対策をとっておくということがポイントになります。

 

爪水虫は足にできることが多いわけですが、臭い原因は蒸れている状態がほとんどですから、蒸れを取り除くことが重要になるわけです。

 

ですから、毎日履く靴などにも気をつける必要があります。

 

臭い時の対処法として、通気性の良い靴を選ぶということも対策のひとつになりますので、患部が臭い時には履く靴にも気をつけることが大切です。
このようにして、臭い原因を確認してから臭い時の対処法を実践するようにすれば、臭い状態を減らすことができますので、試してみることが大事です。

 

 

⇒当サイトのメインページ