爪水虫の薬は効果あるのか?

爪水虫は白癬菌というカビの一種が爪に寄生しておこる病気です。

 

もともと足に水虫を持っており、そこから爪に感染して爪水虫になる場合が多いです。

 

症状は爪が白や茶色に濁り分厚くなるため、靴の中で足の指を圧迫して痛みを感じることもあります。

 

一度かかると治りにくく白癬菌が住み続けるため足の水虫の治療にも影響が出てきます。

 

 

従来の爪水虫の治療と薬

爪水虫の治療は、病院で処方された内服薬を飲む方法が効果的です。

 

爪の内部まで白癬菌が潜んでいて塗り薬が浸透せず、薬の効果が出にくいといわれてきたためです。

 

その点、飲み薬なら腸から吸収されて、血液を介して爪をつくる部分へ届き白癬菌が住んでいない爪をつくることができます。

 

しかし爪水虫の飲み薬は市販されておらず、内服すると肝臓に障害が出ることがあるため検査が必要で、肝臓の弱い人や妊婦さんは服用できません。

 

また、治療期間も爪が生え変わるまでの半年から一年以上と長くかかるため通院しながらの治療となります。

 

つまり爪水虫の内服薬は、他の薬と同様に副作用の心配がつきまとうのです。

 

爪水虫の内服薬が使えない人には外用薬もあります。

 

こちらもクリームや軟膏、液状と進行具合によって使い分けたり、数種類を組み合わせることで爪水虫の薬として効果を上げることができます。

 

入浴後すぐ塗る、一日にこまめに塗る、継続して塗るといった方法も有効とされています。

 

 

> 爪水虫の治療法|爪水虫の初期症状、原因、感染?市販薬の選び方