爪水虫の民間治療

爪水虫は白癬菌が原因です。

 

多くの人が感染している物ですが、放置しておくと悪化してしまったり、病院に行かないと治らないと言われてしまう事も有る物です。

 

治療の為には、抗真菌薬を利用する方法が主に行われます。

 

また、治療を行う時には石鹸で足の指をキレイにしておきます。

 

また湿度が高いとどうしても菌が繁殖しやすくなってしまう為、洗った後はタオルで水気を取り除き、乾燥させます。

 

そして薬を使用上の注意に従って塗布します。

 

 

爪水虫の民間治療

民間療法としては酢や緑茶などを利用して足湯を行う方法も有ります。

 

病院での治療の場合は、抗真菌薬を利用するだけでなく内服薬を利用します。

 

内服薬を利用する事によって、爪の奥にある塗り薬では届かないところにある白癬菌にも薬の作用が届きます。

 

ただこの方法の場合はどうしても肝臓に負担を掛けてしまう事がある為、病院で適宜診察・検査をしてもらって服用します。

 

ただ、治療は爪が生え変わるまでは続けなければいけません。

 

爪が伸びて生え変わるまでの時間は大体6か月から1年で、それぞれの指で生え変わるスピードが違います。

 

その為、完治までの治療期間は6か月から1年は治療を続ける事が必要で、途中でやめてしまうと再発する可能性が十分あります。

 

 

>爪水虫の治療法|爪水虫の初期症状、原因、感染?市販薬の選び方