爪水虫 初期の症状はこんな感じ

爪水虫は、一般には爪白癬とも呼ばれている爪の病気です。

 

足にできる一般的な水虫と比べて、はるかに厄介な病気であると言われています。

 

普通の水虫と同じ原因である白癬菌に感染するによって起こる病気ですが、普通の水虫よりも治りにくいという特性を持っています。

 

では爪水虫になってしまった場合、考えられる初期症状としてはいったいどんなものがあるのでしょうか?

 

 

爪水虫の初期症状

主な初期症状としては、爪が厚くなるというものがあります。

 

また爪が本来の色とは異なり、白色や黄色に濁ってしまうことがあります。

 

そこで爪水虫を疑うときはまず自分の爪、特に親指の爪をよく観察してみるよう勧められています。

 

仮に通常より爪が厚くなっている、または色が濁っていると感じるのであれば、爪水虫の可能性があるということを覚えておきましょう。

 

さらに、爪水虫にかかった場合に見られる別の初期症状としては、爪の周りにかゆみを感じたり、爪の表面がぼろぼろになったりするというものがあります。

 

そのため、爪がきれいに生えてくることができなくなったり、爪の表面に多数の筋のようなものが現れたりすることでしょう。

 

本来であれば、爪に筋のようなものができてくることはないため、こうした症状が現れたら爪水虫にかかっていると疑ってみることができるでしょう。

 

加えて、爪水虫に見られる他の初期症状には、爪の周りに炎症が起きてくるというものがあります。

 

こうした初期の症状の場合、まず痛みを感じることはないと言われています。

 

しかし白癬菌の感染がさらに進行してくると、爪の部分に痛みを感じることがあるものです。

 

仮に、靴などを履いて歩いた時などに爪の部分に痛みを感じるとしたら、爪水虫にかかっている可能性が大きいと言えるでしょう。

 

爪水虫は放置しておくと症状は悪化していきます。他の爪にも感染したり、家族など他の人に感染したりすることもあります。

 

早めに適切な治療を受けるなどして十分に注意を払うようにしましょう。

 

 

>爪水虫の治療法|爪水虫の初期症状、原因、感染?市販薬の選び方