爪水虫 手にできたトキの注意点

水虫というと足にできるものというイメージが強いですが、水虫の原因となる白癬菌は発症例は稀なものの手が感染することもあるのです。

 

なぜ手にはできにくいかというとその環境にあります。

 

足の場合は靴を履いていて蒸れやすいため高温多湿を好む白癬菌にはピッタリなのです。

 

足の指の間だけでなく爪にまだ症状が出る爪水虫もあります。

 

一方手は常に露出しているので蒸れにくいですし、足以上によく洗うので感染しにくいのです。

 

 

爪水虫が手にできたときは

ただもしも感染してしまったという場合は足の爪水虫が原因となっている場合が多いです。

 

足の爪を切ったり入浴の際に足に触れたりすることで移ることもありますし、足拭きマットを素手で触れることで感染することもあります。

 

民間療法で、爪を削ってから薬を塗るほうが爪水虫が治りやすいというのもありますが、これは手や顔まで水虫になる危険性もあるのでやめましょう。

 

手の場合、注意しなければならないのが水虫と間違って手荒れや湿疹などの症状に合わせた薬や対処法を行なうことです。

 

足に比べるとかゆみや痛みが少ないですし、表面がカサカサした様子から勘違いしやすいのです。

 

自己判断で違った薬を使用していると逆に症状が悪化してしまう危険性もあるので足に水虫がある方はまずは医者で診断してもらうようにしましょう。

 

水虫に似た症状の他の病気を発症している場合もあります。水虫菌がついたであろうものの取扱には注意した方がよいでしょう。

 

一度、白癬菌が居ついてしまうと自然治癒は難しいです。

 

足同様に薬での治療が必要です。よく洗って清潔に保ちましょう。指輪の下なども居つくことがあります。

 

そこから他の家族に移る可能性も高いですし、顔など他の皮膚に移ることも多くあるので触れるものにも注意しましょう。

 

足の水虫にかかった段階ですぐに医者にいくようにして、早めに薬で治療を始めるのが大切です。

 

早期発見早期治療を行なえば、あまり長期間にならずに治すことができるでしょう。

 

 

⇒当サイトのメインページ